◆ 参加者の声

 

◆2016年夏・香咲弥須子セミナーin福岡に参加して NEW!

柴田さん 今日は、セミナー運営ありがとうございました。ご挨拶できて、嬉しかったです。今日、香咲さんの言葉を聞いていたら、何だか胸が熱くなることばかりで、涙が溢れてきました。ペアになってリーディングの練習をしたとき、お相手に、自分の母の嫌なところをたくさん言いました。

私は長年、母の祖母(母の実母)への態度や接し方が許せなくて、そんな母を軽蔑し、冷たく接していました。そんな内容を伝えたあと、お相手の方が手をそっと握って「そのままで大丈夫」とおっしゃいました。その手の温もりから、涙が止まらなくなりました。

「お母さんは寂しいのね。お母さんのお祖母様に対する態度は愛の現れなの。だから、あなたもお母さんへの愛を、そのままのかたちで表現していいのよ」と言われたとき、私のハートのまわりのもやもやが一瞬にして消えて、母のハートと一つになりました。私は、自分が母のことをこんなに愛していたことにも驚いたし、自分が思っていた問題は決して存在しなかったことにも驚きました。

愛をせき止めて、受け取らないように、与えないようにしていたものが一気に崩壊して、私はハートにスースーと風が通るのを、唖然として見てました。

今日は、折しも、 熊本から高速バスで母親と福岡に来ていて、セミナー中、ひとりでウィンドウショッピングして待っていてくれた母に、私は一刻も早く会いたい、大好き!って伝えたくなりました。天神で、母と合流したときに、母が気に入ったバッグがあると言ったので、私はそれをプレゼントしました。

私の母への愛が、バッグのかたちになって、現れてくれました。それは、私自身への贈り物となりました。

行く予定ではなかった福岡セミナーで、こんなにもかけがえのない経験をさせていただき、acimに出会ったことを心からありがたく思いました。

ようやく、私は自分のいのちの使い途を、知ることができました。

ホーリースピリットの采配、そしてオーガナイザーの柴田さん、サポーターの皆様、香咲さんへの感謝の気持ちで溢れております。次に皆様にお会いするときまで、1日1日、そして一瞬一瞬を大事に歩みを進めてまいります。

3年前、25歳の夏にコースに出会って、抵抗したり恐れが出てきたりして、学びを中断したり再開したりしてきました。でも、今回の経験で、コースの学びが人生の他のどんなことより、喜びをもたらすことを教えてくれました。

またお会いできますことを、心待ちにしております。感謝をこめて。

                                                                    (東京・早紀さん )

 

 

◆『ホーリースピリット』に委ねるということ・・・

私が奇跡のコースの学びを継続できているのは、穏やかな日常を過ごしたいという思いがあるからです。幸せな人生を生きたいと願っています。

確かに学ぶ前からすると、ものの見方、捉え方が変化してきているのを実感するのですが、今ひとつ、何かがストンと落ちるような感覚が掴めないまま、心の中には、レッスンもしているし、ゆるしだってしているし、テキストも少しずつだけどやっているし・・・という思いがありました。日常も、前よりもは良くなってきているし、これでいいのだと思い込もうとしている自分と、どこか微妙に違うのではないかというモヤ~とする思いを抱えていました。そんな私が先日初めて、ホーリースピリットとつながる感覚を経験できたのです。

その日通勤途中、社長から電話がありました。

その第一声に私は、「私、何かやらかしたかしら?!」と心がざわつき、一瞬身構えました。実は、その日は取引先で合同の勉強会の予定が入っていて、私にもお声がかかっていたのです。その電話は予定の時間になっても現れない私に、しびれを切らした社長から(怒りの)電話だったのです。実は、社長が私に伝えた時間と、私が聞き取った時間が違ったのです。つまり確認ミスです。

以前の私はそんなとき、「あなたの指示の仕方が悪いのよ」と、ジャッジの心で、口に出さないまでも心の中で悪態をつき、私が悪いんじゃない、と必死で主張していたことでしょう・・・でもその日は違ったのです。

恐れの感情を抱えたまま、そのままエゴの妄想に流されないで、立ち止まることができたのです。電話を切ったあと、これは神の贈り物だと気づき、自然とホーリースピリットに繋がる選択ができました。自分の中の恐れ、動揺している心があることを認め、受け入れ、この思いを手放したいと強く思いました。

そして、「ホーリースピリット助けてください。私には何もわかりません。これを通して私が何を学べるか、私に解るように教えてください。そして、私に平和な心を経験させてください。」と心からゆるしをしました。不思議なことに、そのときの心はとても静かだったのを覚えています。

あとは、ホーリースピリットに先導してもらった、という感覚です。

どう考えても、間に合うはずのない取引先との合同の勉強会に何の問題もなく間に合ったのです。そしてすべてが整ったのです。予定の勉強会を終え会社に戻る車中は、心に爽やかな風が流れていました。心が穏やかです。今思えば、私の心の中にホーリースピリットとつながった時から、何故だか「大丈夫」という確信がありました。この経験こそが私が心から求めていたものだったのです。

今回経験したこの感覚を忘れないように、これからもコツコツと、継続学習していきます。最後に、一緒に学び合う仲間の存在にも心から感謝です。

                     (北九州市・ゆっこちゃん) 

 

 

◆『奇跡のコース』を学び始めて、ちょうど1年になります。

私にはとても密度が濃くて、あっという間に感じる通常の時間の感覚とは、かなり違った1年でした。何だかもう23年経った気がするほどの密度を感じます。

私がコースを始めるきっかけになったのは、自営業という環境に身を置いた事でした。経済的なリスクや全ての選択の結果を自分一人で背負うなんて、私には怖くて無理、安定した勤め人しか出来ないと思っていたのに、気が付けば自営という形になっているのですから、ほんとに人の人生って分からないものです。今このメールを書きながら、それも私の人生のシナリオだったんだと感じています。
様々な職種で自営をされている方々と出会う中で気付いた事は、本当に自分がやりたい事(おそらく仕事でも人生でも)を確立するためには、より深く自分と向き合い、自分を知る作業が、今まで以上に必要とされる環境に身を置いているという事でした。

これまで、様々なビジネスの講座やコーチングを受ける度に、自分は何をしたいのか、何を大事にしたいのか、自分が目指すものは何か、そんな質問を目の当たりにし、そのことについて自問する機会を持てたということは、今思えば、贈り物だったと思います。

「あなたは誰ですか?」と、繰り返し聞かれていたのですから。
戸惑いながら問いの答えを探す中で、何を目指したいかも分からず、根無し草の様にフラフラさまよい、右往左往している自分にも気づかされました。
自分の中に、周りで何があってもブレない芯が欲しい、確固たる心の軸が欲しい・・・それがなければ、何を試しても同じなのだという確信に似た思いがありました。
コースに出会ったのは、その直後でした。私には、それが完璧でGOODなタイミングだったと思います。そうでなければ、『奇跡のコース』の本を見ただけで、始める気にはならなかったでしょう(笑)
そして今、私は『奇跡のコース』を学び続けてきて、答えを得ることができました。
「あなたは誰ですか?」  

「私は愛・光です。そして、私が目指すのも愛・光です。」・・・これが私の答えです。
何をやりたいかまだよく分からないけど、ホーリー スピリットをもっともっと信頼して、これからももっと愛に、光に羽ばたけるように心して日々を過ごしたいと思います。これからも、ワクワクしてホーリースピリットの采配を体験していきます。いつもいつも、ありがとうございます❤    福岡市・まり)

 

 

◆『奇跡のコース』を学び続けてきて・・・

2年前、香咲さんの電話セッションで、こう言われました。 

「冨永さんは、家庭の中や家族の間には何の問題もない・・・と思っていませんか?コースの学びとは別問題だと思っていませんか?」と。

その頃の私は、コースの学びの素晴らしさは感覚で捉えていたのですが、コースの学びの本質を受け取ってはいなかったようです。

正直その頃の私は、香咲さんに言われたことの意味がよく理解できませんでした。コースを学んで、自分の満足できる人生を送れたらいいなという思いでした。今思えば心の奥に不満を抱えていたことがわかります。

しかし、この世的にはほどほどの家庭だと思っていたので、自分には“大きな”問題はないし・・・と肝心な所には蓋をしていたのです。

心の底には不満のあぶくが、ぶくぶくと湧いていることに、気づいていませんでした。気づいていないというよりも直視したくなかったのだと思います。

そのことを香咲さんに見透かされていたのです。

そのあとも、言われたことは心のどこかでときどき“チクッ”と思い出す瞬間があるのですが、直視まですることなく流していました。
今、学び続けてきて、最近その意味が心に沁みてくるようになりました。

そのとき言ってもらえたことに、心から感謝しています。

身近なところに“神の贈り物”はずーっと置かれたままで、私はそのことに気づかず、スルーしていたということにやっと気づいたのです。

私のこの世界でのシナリオは、家庭・家族という“道具”を使って『愛』を目撃することだったようです。

目の前の雲が少しずつ、晴れていっているのを感じます。

まだまだ、エゴはたくさんの気づきを私に見せてくれますが、怖がらずに、スルーしないで受け入れ、直視し、そして『ホーリースピリット』に差し出し、代わりに『愛』を頂くということの心地よさを『今』感じています。

学び続けていてよかったと心から思います。

ありがとうございました。        (福岡市・トミー)

 

「福岡シェア会」に参加して 

私は,福岡ACIMシェア会に参加して1年半くらいになりますが,最初のころは緊張して上手く話せないこともありました。でも,今はだいぶ慣れて打ち解けて、自分の思ったことを素直に自然体で,表現できるようになりました。
私がいつも感心するのが,参加される皆さんのコースに対する「熱意」と「真摯さ、真剣さ」です。遠くは長崎や大分、あるいは鹿児島から(!)来られる方もいます。
貴重な時間をこのシェア会に捧げているのです。皆さん、本気です。
そこに嘘偽りはなく、シェアでは皆さんそれぞれの日常が、職場や家庭環境も千差万別の日常の風景が、赤裸々に語られます。うれしい、こちらまでほっこりと元気をいただくような話もあれば、胃に穴の開くようなストレスで苦しんでいる話もあります。
笑いあり涙あり、でもそこには本気で救いを求めている、神の光の子としての自分を思い出そうと必死になっている姿があります。
私にとってこのシェア会は、皆さんの熱意に毎回刺激される場であり、自分の学びを確認し、そして分かち合うことでそれを何倍にも拡げられる場です。

笑うことを忘れた神の子たちが、再び笑いを取り戻す場です。

温泉につかった時のように、魂がリラックスできる場です。
もっともっと分かち合い、学びを深めていきたいと思っています。
これからもよろしくお願いします。      
(福岡市・ダッシュさん)
 

 

●20日間レッスンを受けて 

私は、数年前に本屋さんで、香咲弥須子さんの“「奇跡のコース」を生きる実践書”を購入したのがきっかけで、“ACIMの存在”を知りました。

そして、2013年の夏の香咲セミナー(福岡)に初めて参加し、会場でガイドブックvol.1「わたしは何も知らない」を買って帰り、一人でレッスンを始めました。一人でレッスンを始めたものの、これまで自分の身についた価値観とは違うものの見方、考え方が、まったく理解できず、かえって心はもやもやするばかりでした。

「福岡ACIMの会」のHP(「奇跡のコース」の学びをご一緒にin九州)を見たり、シェア会にも参加する中で、毎日のレッスンの重要性や、「20日間レッスン」の目的や意義も、経験された皆さんからお聞きしていたので、私も自分の現状を打破するために、「20日間レッスン」を受ける決意をしました。しかし、初めはさっぱり内容が理解できず、不安や不信の思いもちらつきました。

コースで「あなたの判断によって行う練習ではありません」とはあるものの、いくらそう言われても・・・と。

でも、柴田さんのサポートを受けながら、レッスンが進んでいくと、自分の心の中を観察するようになり、自分でも気づかなかった(気づかないふり?)心の奥を見ることができ、自分でも知らず知らずのうちに、自分の心に蓋をしてきていることに気づかされました。

レッスンをやっていて感じたことは、コースの学びは、例え、頭では理解できなくとも、わかりたいという思いさえあれば、徐々にそのように導かれるようになっていくのだな、ということです。

そして、一人ではとても行き着くことができなかった心の奥の意識を、引き上げて下さった柴田さんに、心から感謝します。

これからも、レッスンを続けながら、奇跡を目撃する人生を歩んでいきたいと思います。

福岡ACIMの会の仲間のみなさん、これからもよろしくお願いいたします。

(福岡市・えりちゃん)

 

「福岡シェア会」と『20日間レッスンをご一緒に』の感想

しばちゃん、『20日間レッスンを~』をご一緒してもらいありがとうございました。毎回、自分の中の”恐れ”や”罪悪感”が浮上して、それらをホーリースピリットへ明け渡すという作業を地道にさせてもらいました。この20日間で私の中にある、寂しさや依存心からくる人への執着にも気付かされました。そのことをシェア会で吐き出し、参加者のみなさんの愛に包まれ、そして”ゆるし”を通してそれらのエゴが消えていくという体験もしました。セッションを通して、自分にくっついているエゴをホーリースピリットに明け渡し、幻想を取り消していくという作業を徹底的にやっていくのが天国へ帰るための最短の道だということがわかりました。この作業をどんな時も徹底的に自分の習慣にしていくことの大切さを、この20日間で学ばせてもらったと思います。

そして、私は、今ここで宣言します。

「私は今生で自分の作った宇宙を赦して天国へ帰ります」

しばちゃん、そしてシェア会の仲間のみなさん、たくさんの愛をありがとうございました。これからもよろしくお願いします。   (福岡市・ふぅちゃん)

 

●「福岡シェア会」と『20日間レッスンをご一緒に』の感想   

僕は5年ほど前に「奇跡のコース」に出会っていたのですが、環境の変化もあったりしてワークもレッスン50あたりで自然消滅していました。昨年、再びコースの学びを深めたいと思うようになった時、インターネットで《奇跡のコースの学びをご一緒にin九州》の存在を知りました。参加してみて、みなさんがコースの学びを日常生活にどう活かしているかの分かち合いを聞かせてもらう中で、ホーリースピリットに委ねることの大切さに気付かされました。自分はこれまで問題に直面した時、自分の力で何とかしようとしてきました。

ホーリースピリットに委ねる事の大切さを知った時、「もう一人で頑張らなくていいんだ・・・ただ委ねるだけでいいんだ」と心の奥のどこかで、安堵している感覚がありました。そして、ホーリースピリットに委ねるという感覚をもっと身に付けたいという思いで、すぐに『20日間レッスンをご一緒に』を申し込みました。それはグッドなタイミングでした。

その日のレッスンの学びの共有と共に、柴ちゃんを通じホーリースピリットが語りかけてくれる「大丈夫だよ。そのままの自分でいいんだよ」という言葉を聞くという空間がそこにはありました。そして、いっぱい癒されました。この20日間レッスンの学びと共にたくさんの愛を頂きました。ありがとうございました。                                                                    (大分在住・大ちゃん)


●<香咲弥須子セミナー(東京)を受講して> 

今回の東京セミナーで、私の心に響いた2つのことをシェアさせてください。

1つ目は、様々な背景を持ちつつ、又同じ光(ゴール)に向かう方々(兄弟たち)と共有する時間はとても密で、それは私に静かな心強さと平和な心を与えてくれました。

2つ目は、香咲先生への質疑応答の中にありました。

「香咲さんは、どのような心持ちで日々、過ごしていらっしゃいますか?」という質問に対して香咲先生はこうおっしゃいました。

「私は、人の中のキリストに仕えたいと思っています」・・・

この何気ない一言に私は目が覚める思いがしました。心が震えました。

『あぁ・・・これを聞く為に私は東京に来たのだ』と言っても過言ではないぐらいの衝撃を受けました。

「何をみたいのか?・・・どう在りたいのか?・・・」を改めて揺さぶり起こしてもらいました。日々“ゆるし”を重ね、光の羅針盤に心を合わせ歩いてゆこうと改めて思いました。         (鹿児島市・由美さん)

 

●<香咲弥須子セミナー(東京)を受講して> 

東京セミナーは昨年から参加しているのですが、私はフルタイムの仕事を持っています。セミナーのある土曜日、日曜日はとても休める状況ではないそんな私が、そこまでして何故、毎回セミナーに参加したいのか考えてみました。私は常々、"穏やかで不安のない人生"を生きたいと思っていました。コースの学びはそのノウハウが示されているのだなということは、少しずつ感じていました。

セミナーを受講してみて、私はその時々に抱えている問題であったり、心に沸き起こる葛藤…それの答えを毎回頂いていることに気付かされました。11月の東京セミナーは、“レベルの混同”というテーマでした。図で解りやすく教えて頂き、自分の大きな勘違いに愕然とさせられました。私たちは、こんなにも、これまで積み上げてきた過去の思考の中で、上がったり下がったりの日々を当たり前のように生きているのだなと改めて痛感しました。又、それは私たちが“ゆるし”をして行く為なんだということも確認させて頂きました。

そして、セミナー受講後の仲間たちとの振り返りが、学びを更に深めてくれています。今日も、自分の心に注意深くありたいと思います。

                      (福岡・ゆっこちゃん)

 

●<香咲弥須子セミナー(東京)を受講して> 

今でこそ、東京セミナーの参加は平穏な心で参加できていますが、2年前初めて参加の頃は、1泊することもあり夫に正直な思いを伝えられない私がいて、 恐れ・不安という葛藤の中、気合だけで参加していたように思います。その頃に比べ、今ではそんな葛藤が消えて当たり前のように参加している私がいるのが不思議です。セミナーで香咲先生から頂く言葉で、又、多くのスピリットさんたちとワンネスを経験することで、目には見えないけれどたくさんの愛のエネルギーを、頂いているのがわかるようになってきました。それがワンネスの喜びなのだと思っています。今は、その愛の光に浸りたくて参加しています。そして、その光を九州の仲間と分かち合いたいと思っています。

今回、東京から帰宅し3週間後に父がスピリットに戻っていきました。コースを学び、実践させてもらっているお蔭でただ単に、悲しみ・喪失感に浸ることなく感謝の心で父を見送ることができました。正直、若干の寂しさはあるものの心はとても静かなんです。そして、私が毎回、セミナーに参加している理由は「私はやっぱり、幸せになりたいから…」だと思います。そして、その最短コースを歩きたいのです。               (福岡市・トミー)

 

●<香咲弥須子セミナー(東京)に初めて参加して> 

✿あの~ワークってやらなきゃダメですか???苦手なんですぅ…✿
一日目のワークは、“自分の光を手に出してみる”でした。
瞑想中に体が揺れてる…んじゃ無かった…あれっ、寝てたみたい。
「二日目は絶対寝ないようにしよっ」と決意して参加!
どこに光が飛んでいきましたか?
えっっっ???みんなそんな事してたの??
どうやら、また寝てたらしい。
最後にペアの方の光を見ましょう
ペアを組んで下さった方は、私の光をしっかり見てくださいました。
あれれ…ごめんなさい。わたし…何にも見えません…
見えたって嘘付かなきゃ~かなぁ…でも、見えてないから嘘もつけないし困っ      

たなぁ…
苦手なワークやらなきゃダメですか?周りで見てるだけじゃあダメですか?…あぁ~
わたし、クリスチャンじゃないし…
私が「神の子」って?

わたし「神聖」なんかじゃないし!…

こんな感じで、2日間、ホントに抵抗してばかりの自分がいました。

でも、「イライラしなくてもいいんだよ」「焦らなくてもいいんだよ」ってホーリースピリットにやさしく言われているような感じもしていました。

全ては終わった事!ってそこのところだけは、すんなり入ってきましたよ。
受講後の職場でのわたしはというと、気が付けば「これでいい?ホーリースピリット…」ってホーリースピリットをそばに感じながら、仕事しているんです。
ずっとそう出来る訳では無いのですが…まだまだエゴまみれの私ですが、それでも少しずつ「神の子」である自分を受け入れようと思います。
まだまだ・・・あの~ワークってやらなきゃダメですよね・・・って、言ってるエゴな自分を受け入れつつも、何故か、心は3月の<香咲弥須子セミナー>に飛んでいます。             
(福岡・みきちゃん)


「20日間レッスンをご一緒に」を終えて   

「奇跡のコース」は友人から教えてもらい、毎日”1レッスン”ずつ、取り組んでいましたが、最初の頃は読んでもあまりピンと来ませんでした。

書かれている内容に触れると、何故か神様の存在を感じ心安らぐものがありましたが、中々レッスンの継続は容易ではなかったです。

友人の紹介で福岡シェア会に参加し、すぐに「20日間レッスンをご一緒に」を受けさせてもらいました。柴田さんに寄り添ってもらいながら、毎日レッスンを続ける中、初めはいろんな感情が沸き起こりましたが、次第に落ち着き今までとは違う感覚になってきました。子供のこと、仕事や家庭という日常で起こることに対する見方に少しずつ変化が起きたように思います。見方が変わると、物事に対する感じ方が変わり、毎日の過ごし方も少しずつ楽になっているように思います。これからもコースを学びながら、ホーリースピリットにすべてを委ね、愛と光へ戻っていく”ゆるし”の実践を 続けていきたいと思います。

ありがとうございました。      (山口・まさこちゃん)

 

●「福岡シェア会」に参加して 

 私は一人で「A course in Miracles」を6年間読んでいました。A course in Miracles」をやることで何かより良い人生を送れるのではないかという期待を持って一人でやっていましたが、確かに気分がよくなることはあっても長続きしないというもどかしさがあり、日々悶々としていました。そんな中、突然の愛犬の死(7月)によって、心のバランスがおかしくなり、心に平静さを保つことができなくなり、何故なのか、本当に、突発的に「福岡ACIMの会」のシェア会に参加しました。シェア会では、みなさんのお一人お一人の実の体験に基づいた心のありよう、心の変化の分かち合いを目の当たりにし、みなさんの一言ゞに、次第に私の心は癒されていきました。そして、すぐに「20日間レッスンをご一緒に」を申し込みました。丁寧に、レッスンに寄り添ってもらう中で、「私は知っちょる!」という私の心をブロックしていた思い込みが段々なくなり、今、少しずつですが「私は何も知らない」という思考に戻れるようになりました。今では、福岡ACIMの会で言っている”ほっこり“な心を感じる瞬間が増えてきています。コースに出会い、シェア会に参加して私の人生のゴールへの道が明確になりました。             (山口・真由美ちゃん)

 

●「福岡シェア会」に参加して 

 私は「福岡ACIMの会」が発足して以来、欠かさずにシェア会に参加しているのですが、最近シェア会の雰囲気が変化していっているのを感じます。シェア会の質が変化していっているのか、私自身の変化なのかどちらなのでしょう?初めの頃は、正直、参加者の思いの違いに戸惑ったり、その違いから、心が遠く離れたところで参加しているような時期もありました。でも継続参加をしていて最近思うのは、他の人の経験を聞かせてもらいながら、一番癒されている私自身がいるのです。シェア会の意義は、誰かのシェアが、知らず知らずに参加者全員のエゴも落としてくれるという事なのですね。私はそんな仲間たちに支えられ、前へ進んでいっていることがとても嬉しいです。神のゴールを目指し、神への道を兄弟たちと共に歩いていけていることに改めて感謝です。  (福岡市・トミー)

 

●「福岡シェア会」に参加して 

 私が初めてシェア会に参加したのは、先月の713日(日)のシェア会でした。「奇跡のコース」の学び歴のない私でしたが、初めて参加したのにも関わらず、何故か心がとても嬉しく、楽しかったのを覚えています。そして、すぐに香咲弥須子先生の瞑想CDを購入し、毎朝欠かさずに聴くようになって、実は先日初めて、ホーリースピリットと繋がるという感覚を経験することができたのです。その時の喜びと、初めてシェア会に参加した時の嬉しい、楽しい感覚が同じだという事に気付きました。参加されている方々のシェアが心地よく感じるのは日常の体験の中で、ホーリースピリットと共にいる喜びを話されていて、その喜びは私の中に在る喜びと同じなのだと思います。そして「福岡ACIMの会」はその軸がぶれないように常にコースの教えに誠実に向き合う柴田さんの思いと参加者の思いによって創られた、皆で愛を放射し合う場所(コミュニティ)なんですね。コースの学びを継続する中、これからの自分の思考の変化に今からワクワクしている私がいます。           (福岡市・たかちゃん)

 

●「20日間レッスンをご一緒に」を受けて 

 私は「奇跡のコース」の学びを一人でやっていたのですが、今一、腑に落とすことができないと感じていたとき、インターネットで「福岡ACIMの会」の存在を知り早速シェア会に参加申し込みをしました。そして、そこで「20日間レッスンをご一緒に」を受けた方のシェアを聞き、私もセッションを受けてみたいと思ったのです。

 柴田さんのナビで20日間を通して、ワークを頭で考えすぎずに取り組むことができたように思います。そして「真実の自分とは一体何者か?」という事を何度も思い出させてもらい、それを心地よく感じている自分がいました。セッションを受けて思ったのは365のワークのスタートは一人で進めていくよりもファシリテートしてもらいながらの方が腑に落ちるのが速いように感じました。20日間を通して毎日のレッスンはもちろんのことですが、その時々の心の状況に対するケアも心の筋トレになっているように思いました。

 今も、エゴにいたり、ホーリースピリットに真実の自分に戻してもらったりの繰り返しですが、これからも変わることなく、「奇跡のコース」のワークと“ゆるし”の実践を続けて「愛と光で在る自分」を更に思い出していこうと思います。

                       (福岡市・純ちゃん)

  

●「20日間レッスンをご一緒に」を受けて 

 私は奇跡のコースにはずいぶん前に出会っていたのですが、なかなか継続した学びには至っていませんでした。そんな中、急にテキストを読みたくなって一人でゆるしのレッスンを始めていたところ、柴田さんの「20日間レッスンをご一緒に」を受けている知人にその内容を聞いて、私も受けてみたいと早速スカイプセッションを申し込みました。 一人だと中々継続できなかった毎日のレッスンでしたが、今回ファシリテートしてもらいながらの20日間は、一人で行っていた時とはちがい楽しく取り組むことができました。20日間のワークが日常とリンクし“ゆるし”の実践、そして体験をシェアしながらの20日間は本当にあっという間でした。“20日間レッスン”を受けて一番の収穫はレッスンが習慣化したことです。毎朝その日のレッスンで1日のスタートが切れています。こんなご縁を下さった聖霊に心から感謝です。       (カナダ在住・ゆうこさん)

 

●「奇跡のコース」テキストの学習会を受けて

先ず、テキストの学習会に参加する時間を作れたこと(仕事を持っています)と、共に学ぶ仲間がいて、リードしてくださる柴田さんの存在に感謝です。この分厚く、重たい?本は自分では読まないという先入観もあり、購入することもなかったはず。以前の自分は、「最後までついていけるだろうか?」という過去の経験と未来への不安で心がいっぱいになり、仕事を理由に今回の学習会への参加はなかったかもしれません。

私が一歩足を踏み出せたのは、同じ思いを大切にし、同じゴールに向かう仲間の存在があったからです。そんな仲間の存在はとても心強く、感謝です。

                      (福岡市・あっこちゃん)

 

●「奇跡のコース」テキストの学習会を受けて

11月の福岡の香咲セミナーで、香咲先生がテキストの大切さをお伝え下さいました。その時から、テキストのことが気になっていました。でも、分厚い本のせいか?、私の思い癖?で「なんか難しそう・・・無理・・・」という思いがよぎって、そのままになっていました。そんな思いでいる時、「テキストの学習会」が始まったのです。今が、タイミングなんだと思いました。今回、参加を決められたのも、又、1回目の学習会の内容がすんなりと受け入れられたのも、毎日のレッスンを継続していること、定期的なシェア会への参加、そしてキャッチアップのおかげだと実感しています。そして嬉しいです。

次回をワクワクして心待ちしています。     (小郡市・あけちゃん)

 

「奇跡のコース」テキストの学習会を受けて

第一期の学びのメンバーに間に合ったことに、先ず感謝です。

「テキスト」に向き合う時間と、共に学び合う仲間(同志)達の存在、この貴重な機会を“ベストなタイミング”で与えられたという感じがします。香咲先生がわかりやすく咀嚼してくださった「テキストの精読」を、さらに何度も読み返し,そして仲間たちにシェアしてもらっていることも、今まで学び続けてきたからこそ頂けているのかなと嬉しく思います。毎月、継続してこそ学びも深まるだろうし、心も拡張すると確信しています。あっという間の3時間でした。

                        (福岡市・トミー)

 

●「福岡シェア会」に参加して

ACIMに出会って3年になります。

今でこそ日々のレッスン・ワークが習慣になってきていますが、当初はコースが言っていることを頭では理解できても、その考え方を実践できてはいませんでした。正直、コースを学びだして、かえって苦しく思えるような時もありました。

でも徐々に、心の奥深いところで「本当の私を知りたい」「自分が愛そのものだとしたら、何が何でも経験したい」と強く思うようにもなってきました。それはいつも変わることのないシェアリングの場があり、シェアリングを通して体験した愛を分かち合う仲間の存在があったからだと思います。決して一人ではコースを受け入れ、奇跡の瞬間を垣間見ることすらなかったのではないかと思います。シェア会で皆さんの愛にふれることで気付かせてもらい、愛の軸に戻れているように思います。       (小郡市・あけちゃん)